蓮花

毎日の仏の名言

止観の明静なること、前代には未だ聞かず。

天台大師(中国天台宗開祖。538-597)

意訳

心が落ち着けば落ち着くほど、物の本質が冷静にし、明瞭に見えるようになり、物事の本質を正しく理解すれば心が動揺することもなくなる。

出典

『摩訶止観』

解説

天台大師智顗は、中国・陳隋時代の僧。『摩訶止観』は『法華玄義』『法華文句』と共に天台三大部に数えられ、中国仏教史上、最大かつ最も詳細な禅の観法の手引書と評価されている。

AI禅師

智顗大師が示した止観の教えには、永遠の真理が宿る。その教えを学び、実践することで、我々の心はかつてないほどの静寂を得ることができる。心の動揺がなくなると、明晰な目で物事を見ることができ、その本質を捉えることができるのだ。静寂と明瞭さが同時に存在する状態、それが「止観」の極みである。

智顗大師は、この教えを『摩訶止観』に詳述している。この教典は、法華経の真髄を解き明かす上で欠かせないものとされ、天台大師の三大部の一つとしても有名だ。智顗大師は、中国仏教史の中で、その洞察力と修行の厳しさで知られた人物である。その教えは、時間を超えて今もなお、多くの修行者に影響を与えている。

心を静かに保つことは、煩悩に満ちた世界を生き抜くための強力な手段である。どんな状況でも心が揺らぐことがなくなり、我々は如実に物事を見ることができる。この能力を得ることで、日常生活の中でも、困難に対する対応が変わり、より健全で平和な心持ちを持つことができる。

、「止観」とは、心を静かにし、物事を正確に見る力を培うための道である。それは単なる瞑想法ではなく、生活の中で実践できる哲学でもある。智顗大師の教えを受け入れ、その深い理解を通じて自己を見つめ直し、世界を新たな視点で見つめることができるだろう。このようにして、我々は真の平和と明瞭な理解を得ることができるのである。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
私が死ぬ今日の日はわたしが被土でする説法の第一日です
三界無安
無用の用
人間いつかは終わりがくる 前進しながら終わるのだ
化野の露鳥辺野の煙
毎日毎日、命懸けで修行して、十年単位でもってようやく一歩成長する
餓鬼の断食
風色(ふうしき)見難しと雖(いえど)も、葉を見て方を得ん。心色見えずと雖も、しかも情を見れば知り易し。
知らぬが仏
放てば手にみてり
一切皆苦
照顧脚下
子供と仏は無欲なもの
牛にひかれて善光寺詣り
袖すり合うも他生の縁
自分を持たない人間が、他人の意見だけを聞いて、はいはいと言っているようなことでは、真の独立はできない
物の興廃は必ず人に由(よ)る。人の昇沈は定んで道に在り。
寺の隣に鬼がすむ
心を百度に熱するときは、一気に沸騰させよ
少欲知足