蓮花

毎日の仏の名言

大海の水は蚊飲(ぶんいん)を遮せず。

伝教大師最澄(天台宗宗祖。767-822)

意訳

小さな蚊の腹に入った一滴の海水でも海の水に違いないように、仏教を身につけた人は、たとえそれがどんなにわずかでも菩薩の仲間に入るのである。

出典

『顕戒論』

解説

伝教大師が53歳の時、南都仏教の小乗戒に対して、真俗一貫の大乗菩薩戒こそが真に国を護り、人々を幸せにする「戒」であるとの思いから、比叡山における大乗戒壇院の建設を宣言した大書で、日本天台宗成立の基礎となった。

AI禅師

仏教の教えは、大海の如く広大で深遠なものです。それでも、この無限の教えが、一滴でも心に宿るならば、その人は仏道に入る資格を得るのです。たとえ、その一滴がどんなに微小であっても、それは全体の一部であり、本質を失うことはありません。大海の水が一滴でもその性質を変えないように、仏法の教えもまた一部であってもその真価を保ち続けます。

『大海の水は蚊飲を遮せず』と伝教大師が説いたように、仏法の深淵な教えは誰にも開かれており、受け入れる心さえあればどんな人にもその門は開かれています。たとえ小さな心でも、その心に仏法の光が射し込むならば、その人もまた菩薩の道を歩み始めたと言えるのです。

伝教大師がその生涯を通じて訴えたのは、仏教の教えが個々の人々の心と向き合い、その成長を促すものであるという真理です。特に、大乗の教えは、個々の人の幸福と、それを通じた社会の安寧を目指しており、これが比叡山に大乗戒壇院を築くという大師の決意にもつながりました。

大乗戒壇の建設は、それ自体が仏教の真髄を体現するものであり、人々に広く仏法を浸透させる道を開拓するものでした。伝教大師が強調したように、大乗の心は、大海のごとく広く、人々を包み込む慈悲の実践を意味します。それはまさに国を護り、人々を幸せに導く力を持つのです。

この教えは、私たち一人ひとりの心の中に宿る小さな光を尊重し、それを育むことで仏道を歩む力を得ることができることを示しています。したがって、仏法の大海の一滴を心に刻むこと、それが菩薩行の第一歩なのです。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
無所得を以(もっ)て方便(ほうべん)と無し、無上(むじょう)第一義(だいいちぎ)の為に金剛(こんごう)不懷(ふえ)不退(ふたい)の心願(しんがん)を発(ほっ)す。
少欲知足
月影の いたらぬ里はなけれども ながむる人の心にぞすむ
自灯明、法灯明
自分を持たない人間が、他人の意見だけを聞いて、はいはいと言っているようなことでは、真の独立はできない
親の因果が子に報い
上求菩提、下化衆生
寺から出れば坊主
地獄極楽は心にあり
坊主憎けりや袈裟まで憎い
莫妄想
我れ未だ六根相似(ろっこんそうじ)の位(くらい)を得(え)ざるより以還(このかた)出假(しゅっけ)せじ。
仏作って魂入れず
朝女朝坊主
一切皆苦
地獄で仏
また菩薩の身肉手足及び妻子を施して、無上道を求むるを見る。また菩薩の頭目身体を欣楽施与(ごんぎょうせよ)して、仏の智慧を求むるを見る。
泥中の蓮
有為転変の世の習い
悪口を以て僧を呵責(かしゃく)し、毀呰(きし)することなかれ。悪人不当なりと云うとも、左右なく悪くみ毀(そし)ることなかれ。