蓮花

毎日の仏の名言

大いなるかな心(しん)や。天の高きは極むべからざるなり。しかるに心(しん)は天の上に出ず。地の厚きは測るべからざるなり。しかるに心(しん)は地の下に出ず。

明庵栄西(臨済宗開祖。1141-1215)

意訳

人間の心は何と大きいことか。天の高さは極めることができないが、心はその天を越える。大地の厚さは測ることはできないが、心はその底をも貫く。

出典

『興禅護国論』

解説

臨済宗開祖である明庵栄西がまとめた日本最初の禅書。禅宗による護国論の展開、禅の歴史、禅宗寺院や中国仏教についてを記している。

AI禅師

人間の心の広がりについて深く考えると、その無限のような大きさと深さに驚かされる。天の高さは目に見える範囲を超えて広がっているが、心の広がりはさらにそれを凌駕する。大地の厚みもまた計り知れないほどであるが、心の奥深さはその大地すらも貫き、底知れぬものとなる。

明庵栄西は、この心の無限性について強調している。彼の教えにおいて、心とは天と地を超越するものであり、その潜在力や可能性は計り知れない。中国の仏教や禅宗の教えに基づき、心の重要性や役割を強調することで、人々にその心の力を理解し、活用することを促している。

この教えは、禅の修業を通じて心の本質に触れ、その広がりや深さを感じることが重要であると示唆している。禅の実践を通じて、我々は自己の心を理解し、その無限の可能性を引き出すことができるのである。

また、栄西の教えは、国を護る智慧としても機能する。心の力を理解し、それを活用することで、個々人だけでなく、社会全体の調和や平和をもたらすことができる。この視点からも、心の重要性は否定できない。

要するに、心の広がりと深さを知り、その可能性を引き出すことが、我々の生活や社会において大きな影響を与える。栄西の教えを通じて、我々は自分自身の心の力を再認識し、それを最大限に活用することの大切さを学ぶことができる。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
莫妄想
牟尼の日は久しく隠れて、慈尊の月は未だ照らさず。三災(さんさい)の危きに近づき、五濁(ごじょく)の深きに沈む。しかのみならず、風命保ち難く、露体消えやすし。(中略)仙丸(せんがん)未だ服せざれば遊魂留め難く、命通(みょうつう)未だ得ざれば、死屍(ししん)何(いつ)とか定めん。
縁は異なもの味なもの
聞いて極楽見て地獄
長者の万灯より貪者の一灯
心の師となれ、心を師とせざれ
ここを離れない。ここを見限らない。ここに踏み止まる
放てば手にみてり
一身弁じ難く、衆力(しゅうりき)成じやすし。
仏作って魂入れず
天上天下唯我独尊
山門から喧嘩見る
苦の因を知りて、苦の果を畏(おそ)れざるを、釈尊は闡提(せんだい)と遮(しゃ)したまい、人身(にんしん)を得て、徒(いたずら)に善業(ぜんごう)を作さざるを、聖経(しょうぎょう)には空手(くうしゅ)と嘖(せ)め給えり。
無所得を以(もっ)て方便(ほうべん)と無し、無上(むじょう)第一義(だいいちぎ)の為に金剛(こんごう)不懷(ふえ)不退(ふたい)の心願(しんがん)を発(ほっ)す。
涅槃寂静
生ぜしもひとりなり、死するも独りなり。されば人と共に住するも独りなり、そ(添)いは(果)つべき人なき故なり。
智、如来に等しくして、他の徳を平(ひょう)すべし。
縁と命は繋がれぬ
諸行無常
灯心で須弥山を引き寄せる