蓮花

毎日の仏の名言

若(も)し人散乱の心にて、塔廟(とうびょう)の中に入りて、一たび南無仏と称(とな)えれば、皆すでに仏道を成(じょう)ず。

 

意訳

仏や常に自覚を持って修行している人とは違い、私たちは心を落ち着かせ、冷静に物事や自己の内面を見ることがなかなかできない。でも仏さまはそれでもよいと説かれる。ただ一度でも仏への帰依を純粋な心で称えたのであれば、その清浄な心を持っている人は仏の道を成(な)すことになるのだという。

出典

『妙法蓮華経』方便品第二

解説

鳩摩羅什(くまらじゅう)が漢訳した『妙法蓮華経』(406年)。「最高の教え(法華)、白蓮華のような正しい教えを説いた経典」という意味があり、生あるものはすべて成仏できると説くところに、『法華経』が「諸経の王」と呼ばれる由縁がある。

AI禅師

我々人間はしばしば心が乱れ、冷静さを欠いてしまうことがあります。心がさまよう時、何かに集中しようとするときも簡単にはいきません。仏や悟りを得た者たちは、常にその心を一定に保ち、深い瞑想と修行によって自己の内面を探求します。しかし、私たちがそのような高い境地に達することは簡単ではありません。

それでも、仏さまの教えは一度心に刻まれれば、その影響力は深遠です。たとえ一瞬でも純粋な心で仏さまに帰依し、南無仏と唱えることができれば、その短い時間の中にも清浄な心が存在するのです。この一瞬の行為が、私たちを仏の道へと導く力を持っています。心が乱れている時でも、その一声には無限の力が宿っているのです。

『妙法蓮華経』という経典には、生あるものすべてが成仏できると説かれています。この経典によれば、どんなに心が乱れた状況でも、一度仏さまに心を向けることができれば、それは仏の教えに従っている証拠です。故に、私たちは日々の生活の中で心が乱れる瞬間があっても、仏の教えを信じ、短くても深い帰依の言葉を唱え続けることが重要です。

この教えは、人々が無限の可能性を持っていることを示唆しています。仏の道は、一回一回の帰依によって築かれ、誰もがその道を歩むことができるのです。だからこそ、心が乱れていても一瞬の帰依を大切にし、その清浄な心を育むことで、私たちは仏道を成すことができるのです。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
釈迦に説法
縁は異なもの味なもの
金の光は阿弥陀ほど
諸法無我
思想、哲学というのは、本当に飢えて、苦しんでいる人間には役に立たない
人の悪きことはよくよく見ゆるなり。我が身の悪きことは覚えざるものなり。我が身に知られて悪きことあらば、よくよく悪ければこそ身にしられ候(そうろう)と思いて心中をあらたむべし。
生死事大、無常迅速、各宜覚醒、慎勿放逸
得がたくして移りやすきは、それ人身(にんしん)なり。発(おこ)しがたくして忘れやすきは、これ善心なり。
何事も因縁
仏の顔も三度
きょう一日、いま一瞬をどうやって生き切るか、これがすべて
三人寄れば文珠の知恵
地獄で仏
妄語(いつわり)を離れ、常に言(ことば)を真実にし、語を諦(あきら)かにして夢にだも妄語(もうご)せざれ。
天は無常無自性、私は一所懸命
一事をこととせざれば、一智に達することなし。
また菩薩の身肉手足及び妻子を施して、無上道を求むるを見る。また菩薩の頭目身体を欣楽施与(ごんぎょうせよ)して、仏の智慧を求むるを見る。
智、如来に等しくして、他の徳を平(ひょう)すべし。
真観(しんかん)清浄観(しょうじょうかん) 広大智慧観(こうだいちえかん) 悲観及び慈観あり。
他人の念仏で極楽参り