蓮花

毎日の仏の名言

牟尼の日は久しく隠れて、慈尊の月は未だ照らさず。三災(さんさい)の危きに近づき、五濁(ごじょく)の深きに沈む。しかのみならず、風命保ち難く、露体消えやすし。(中略)仙丸(せんがん)未だ服せざれば遊魂留め難く、命通(みょうつう)未だ得ざれば、死屍(ししん)何(いつ)とか定めん。

伝教大師最澄(天台宗宗祖。767-822)

意訳

釈尊入滅後、長い時が過ぎ、弥勒菩薩が現れて人々を救済されるとされる時はまだ来ない。飢饉や疫病、戦争、世の中は濁りに満ちてしまっている。そればかりか、人の命ははかない。不老長寿の薬を飲んでいないので、この魂はこの世にいつまでも留まることはできない。寿命を延ばす神通力を得ていないので、いつ自分が死ぬのか定めることはできない。

出典

『願文』

解説

伝教大師が東大寺戒壇院で具足戒を受けて比丘となった直後、比叡山に入って、仏教者としての誓いを著したもの。世間の無常、善因善果・悪因悪果、人身の得難きこと、自己への反省、大乗菩薩僧としての誓願について記している。

AI禅師

釈迦が入滅してから長い年月が過ぎ去り、未来に現れるとされる弥勒菩薩がまだ降臨していない現在、私たちは困難な時代を生きています。飢饉や疫病、戦争といった災厄が次々と押し寄せ、世の中は混沌としています。その上、私たちの命は極めて儚く、まるで風前の灯火のように何時消えてもおかしくない状態です。永遠の生命を得るための薬もまだ手に入れられておらず、この世に魂を長く留め続けることは困難です。また、寿命を自在に操る能力も得ていないため、いつ自身の命が尽きるかも分かりません。

このような世間の無常を深く思うとき、私たちは己の生をどのように活かし、如何に善行を積むべきかをよく考えることが求められます。悪因を避け、善因を増やす努力を怠らず、日々の行いを振り返ることが尊いとされます。また、人間として生まれること自体が希少な機会であり、この貴重な命を無駄にすることなく、より善き行いを通じて他者をも救う道を歩むことが望まれます。

特に大乗仏教の教えに従う者として、自分の利益だけではなく、広く他者の苦しみを取り除き、共に解脱の道を歩む誓いを立てることが重要です。己を省み、世の中に貢献する生き方を選び取ることで、私たちはこの厳しい時代を超えて、次なる悟りの光を目指す道を見出すことができるでしょう。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
牟尼の日は久しく隠れて、慈尊の月は未だ照らさず。三災(さんさい)の危きに近づき、五濁(ごじょく)の深きに沈む。しかのみならず、風命保ち難く、露体消えやすし。(中略)仙丸(せんがん)未だ服せざれば遊魂留め難く、命通(みょうつう)未だ得ざれば、死屍(ししん)何(いつ)とか定めん。
国宝とは何物ぞ、宝とは道心なり。道心ある人を名づけて国宝となす。故に古人の言わく、径寸十枚これ国宝にあらず。一隅を照らすこれ則ち国宝なりと。
鰯の頭も信心から
大海の水は蚊飲(ぶんいん)を遮せず。
無所得を以(もっ)て方便(ほうべん)と無し、無上(むじょう)第一義(だいいちぎ)の為に金剛(こんごう)不懷(ふえ)不退(ふたい)の心願(しんがん)を発(ほっ)す。
思想、哲学というのは、本当に飢えて、苦しんでいる人間には役に立たない
灯心で須弥山を引き寄せる
菩提心を因とし、大悲を根とし、方便を究竟となす
釈迦に説法
若(も)し人散乱の心にて、塔廟(とうびょう)の中に入りて、一たび南無仏と称(とな)えれば、皆すでに仏道を成(じょう)ず。
磨く地蔵の鼻を欠く
我れ生まれてより以来(このかた)、口に麁言(そごん)なく、手に笞罰(ちばつ)せず。今より我が同法よ、童子を打たずんば、我がための大恩なり。努めよ、努めよ。
弘法も筆の誤り
以心伝心
泥中の蓮
苦がその人を鍛えあげる 磨きあげる 本ものにする
一身弁じ難く、衆力(しゅうりき)成じやすし。
色即是空
立って居るものは仏でも使う
門前の小僧習わぬ経を読む