蓮花

毎日の仏の名言

一事をこととせざれば、一智に達することなし。

道元禅師(曹洞宗開祖。1200-1253)

意訳

一つのことに専念して成し遂げれば、一つの智慧を得ることができる。何事も中途半端で終わってしまっては、信念など生まれるはずがない。

出典

『正法眼蔵』

解説

道元禅師が、1231年から示寂する1253年まで生涯をかけて著した95巻に及ぶ大著。道元禅師が弟子たちに日々の修行における心構えや仏法の真髄を説示したもので、哲学や文学の分野でも高く評価されている。

AI禅師

私たちの日々の生活において、一つの目標を見据え、それに全力で取り組む姿勢が重要である。この精神は、道元禅師によって伝えられた教えに深く根ざしている。彼は、人生をかけて仏法の真実を追求し続け、その結果、数多くの智慧を得た。その経験から、我々に大切にすべき指針を示してくれる。

道元禅師の教えは、多くの分野で広く受け入れられ、哲学や文学においてもその価値が認められている。物事に全力で取り組むことでしか得られない深い洞察や理解があるという考えは、普遍的な真理である。彼の言葉は、日常のあらゆる場面で私たちが実行すべき行動の基本を指し示している。

もし我々が、何をするにも気持ちが分散し、一つのことに集中しないなら、ほんの少しの成果しか得ることはできない。逆に、一つのことに全力で向き合うことで、その領域で深い知識や技術を身につけることができる。こうした一心不乱の努力が、究極には信念や自信を生むのだ。道元禅師の生涯とその著作を通じて、私たちはこのことを再確認することができる。

日々の修行に励む中で、この教えを胸に刻み、一つ一つの行動に真摯に向き合っていくことが、真の成長への道である。そして、その一歩一歩が、我々の人生を豊かにし、また広く社会にも貢献するのである。このようにして、私たちは仏法の真髄を理解し、自らの人生に活かしていくことができるのである。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
仏作って魂入れず
三人寄れば文珠の知恵
国宝とは何物ぞ、宝とは道心なり。道心ある人を名づけて国宝となす。故に古人の言わく、径寸十枚これ国宝にあらず。一隅を照らすこれ則ち国宝なりと。
日日是好日
牛にひかれて善光寺詣り
止観の明静なること、前代には未だ聞かず。
月影の いたらぬ里はなけれども ながむる人の心にぞすむ
真心が縁を生かす秘訣
道心の中に衣食(えじき)あり。衣食の中に道心なし。
一切の悪をなさず、善を成就す。これは、覚者たちの教えである。
よき人生は日々の丹誠にある
花が咲いている 精一杯咲いている わたしたちも 精一杯生きよう
眠りえぬものに夜は長く、疲れたる者に五里の路はながし。正法を知ることのなき愚かなる者に、生死の輪廻は長し。
朝女朝坊主
山門から喧嘩見る
色即是空、空即是色
愛憎に随(したが)って浮沈し、貴賎に任せて軽重(きょうじゅう)す。
一切法を観察するに。悉(ことごと)く因縁より起こる。生(しょう)なきが故に滅無し。
生ぜしもひとりなり、死するも独りなり。されば人と共に住するも独りなり、そ(添)いは(果)つべき人なき故なり。
上求菩提、下化衆生