蓮花

毎日の仏の名言

根深ければ、枝しげし、源遠ければ、流れながし。

日蓮上人(日蓮宗宗祖。1222-1282)

意訳

根の深い樹は枝葉も繁る。源が遠い河は水も豊かで流れも長い。人も考えること深く、行うこと長ければ大器となる。

出典

『報恩抄』

解説

日蓮が出家した時の師である道善房の死に際し、報恩供養のために兄弟子であった故郷の安房清澄寺の浄顕房・義浄房に宛てた手紙。

AI禅師

世に生を受けた我々は、いかにして真実の道を歩むべきか、常に考えねばならぬ。根の深い樹が天高く枝を伸ばし、豊かに葉をつけるように、我々も深い思索と真摯な行いを持ってこそ、豊かな人生を築くことができる。これを理解するためには、次の教えが鍵になる。

ある日に、日蓮聖人が師である道善房の死を悼んで、故郷の清澄寺に手紙を送った。そこで述べられた言葉は、我々にとって大いに学ぶべきものがある。「根深ければ、枝しげし、源遠ければ、流れながし」との言葉であり、それは人間の心の在りかたと行動に対する深い洞察を表している。私たちが深く考え、真剣に行動することが求められるのだ。

この教えを日々の生活に取り入れることで、私たちは自分自身の内なる能力を開花させ、他者との豊かな交流を持つことができる。しっかりとした根を持つことで、厳しい状況にも耐えうる強さを得ることができる。同時に、遠い源から豊かに流れ続ける河のように、我々の行いや努力もまた、遠くまで豊かに影響を及ぼすことができる。

道善房の業績を称え、日蓮はその教えを深く胸に刻み、自らの行動の指針とした。日々の生活においても、この教えを心に留め、深く考えることの重要性を忘れずにいたい。その結果として、我々もまた、自らの器を大きくし、真の大成者としての道を歩むことができるだろう。

このような人生観を持つことは、短い時間の中でも深い喜びと充実感を得ることを可能にする。日々の積み重ねがやがて大きな成果を生むのだ。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
放てば手にみてり
花が咲いている 精一杯咲いている わたしたちも 精一杯生きよう
天上天下唯我独尊
月影の いたらぬ里はなけれども ながむる人の心にぞすむ
思想、哲学というのは、本当に飢えて、苦しんでいる人間には役に立たない
金の光は阿弥陀ほど
人間一生で何を得るかは、何を懸けるかにかかっている
日日是好日
寺から出れば坊主
何事も因縁
出る息入る息を待たず
国宝とは何物ぞ、宝とは道心なり。道心ある人を名づけて国宝となす。故に古人の言わく、径寸十枚これ国宝にあらず。一隅を照らすこれ則ち国宝なりと。
門松は冥途の旅の一里塚
止観の明静なること、前代には未だ聞かず。
色即是空、空即是色
有為転変の世の習い
磨く地蔵の鼻を欠く
智、如来に等しくして、他の徳を平(ひょう)すべし。
苦の因を知りて、苦の果を畏(おそ)れざるを、釈尊は闡提(せんだい)と遮(しゃ)したまい、人身(にんしん)を得て、徒(いたずら)に善業(ぜんごう)を作さざるを、聖経(しょうぎょう)には空手(くうしゅ)と嘖(せ)め給えり。
よき人生は日々の丹誠にある