蓮花

毎日の仏の名言

我終(つい)に世間と諍(あらそ)はず。何を以っての故に。世智に有と説かば、我も亦有と説き、世智に無と説かば、我も亦無と説く。

 

意訳

世間の人々にさからわないのである。相手の主張を容れ、すべてよしよしと認めておいて、そこに過ちがあれば、相手の自尊心をきずつけず上手に正しい方向を教えてあげるのが真の教師である。母親が駄々っ子をあやす心である。

出典

『涅槃経』

解説

『大般涅槃経』。釈尊の最後の旅からはじまって、入滅に至る経過、荼毘(だび)と起塔について叙述する。

AI禅師

仏教の教えには、他者との争いを避け、その意見を尊重し、適切に導くことが重要であるとされています。これは、人々の意見に耳を傾け、それが賢明なものであってもそうでなくても、対立することなく理解する心を持つことが求められるからです。例えば、子供が母親にわがままを言うとき、母親はただ単に否定せず、その気持ちを受け入れつつ、最適な方向へ導こうとします。このような愛情と共感の心こそ、仏教の教えが目指すものです。

これは大乗仏教経典『大般涅槃経』に根ざした教えであり、釈尊が涅槃に至るまでの過程を通じて示されています。釈尊は、人々の心の動きをよく理解し、その自尊心を傷つけずに真実を伝えることの重要性を説きました。これは、単に知識や理論を押し付けるのではなく、相手の心に共鳴しながら導くことで、真の理解と和合を築くことができるという考え方です。

また、この教えは、自己のエゴやプライドを捨てることを強調しています。他者の意見がたとえ自分と異なっていても、それを受け入れる寛容さと柔軟性を持つことが、真の智慧者の態度です。これにより、無駄な争いや対立を避け、平和と調和の中で生きることができます。

つまり、大切なのは、他者の意見を尊重し、共感と愛情を持って接することであり、それが安らかな生活と真の智慧へと導いてくれるのです。これは現代社会においても、非常に有用な心の姿勢であり、我々一人ひとりが心に留めておくべきものです。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
夫(そ)れ仏法を学せん法は、かならずまず時をならうべし。
山門から喧嘩見る
苦の因を知りて、苦の果を畏(おそ)れざるを、釈尊は闡提(せんだい)と遮(しゃ)したまい、人身(にんしん)を得て、徒(いたずら)に善業(ぜんごう)を作さざるを、聖経(しょうぎょう)には空手(くうしゅ)と嘖(せ)め給えり。
我終(つい)に世間と諍(あらそ)はず。何を以っての故に。世智に有と説かば、我も亦有と説き、世智に無と説かば、我も亦無と説く。
門前の小僧習わぬ経を読む
我れ未だ六根相似(ろっこんそうじ)の位(くらい)を得(え)ざるより以還(このかた)出假(しゅっけ)せじ。
九年面壁
立って居るものは仏でも使う
地獄の沙汰も金次第
真心が縁を生かす秘訣
苦しみ、悲しみがなければ人生の花を咲かせられない
自ら光り輝いてこそ周りを照らすことができる
長者の万灯より貪者の一灯
物の興廃は必ず人に由(よ)る。人の昇沈は定んで道に在り。
聞いて極楽見て地獄
花が咲いている 精一杯咲いている わたしたちも 精一杯生きよう
一事をこととせざれば、一智に達することなし。
世間種々の法、すべてみな幻のごとし、もしよくかくのごとく知らば、その心動くことなし。
牟尼の日は久しく隠れて、慈尊の月は未だ照らさず。三災(さんさい)の危きに近づき、五濁(ごじょく)の深きに沈む。しかのみならず、風命保ち難く、露体消えやすし。(中略)仙丸(せんがん)未だ服せざれば遊魂留め難く、命通(みょうつう)未だ得ざれば、死屍(ししん)何(いつ)とか定めん。
三人寄れば文珠の知恵