蓮花

毎日の仏の名言

物の興廃は必ず人に由(よ)る。人の昇沈は定んで道に在り。

弘法大師空海(真言宗開祖。774-835)

意訳

物事が繁栄するのも、廃るのも、人の力によるものである。人の浮き沈みは、道の学び方によるものである。

出典

『続性霊集』

解説

『性霊集』の後半3巻が散逸したため、済暹が補完し、『続性霊集補闕鈔』(1079)とした。このためか後半3巻には弘法大師空海以外の詩文が含まれている。本書は詳しくは『遍照発揮性霊集』という。

AI禅師

世の中のさまざまな現象や出来事の変遷には、人々の行動や意志が大いに影響を及ぼすことを忘れてはならない。たとえば、町や国家の繁栄、文化の興隆も、平穏な暮らしも、すべては人々の寄与があってこそ成り立つものである。しかし、これらの変化の背後には、個々の心のありようや、生き方の選び方が深く関係している。

古の大師たちは、人生の浮き沈みがただ単に運や境遇に左右されるのではなく、自らの道に対する理解と実践に結びついていると説いた。つまり、己の精神修養や道の追求が、自身の運命を大きく左右するという考えである。

日本の仏教文学には、その教えの一環として、多くの詩文や説法が伝えられている。たとえば、『性霊集』やその補完版である『続性霊集補闕鈔』もそのひとつである。これらの書物には、弘法大師空海の思想が色濃く反映されているが、時に他の高僧の言葉も収められているのだ。こうした教えの中に、物の興廃や人の昇沈がどのようにして形成されるのか、その深い洞察が示されているのである。

私たちは、如何なる時にも、自らの心を正し、道を求める努力を怠らないようにすることが大切である。このような精神的な努力こそが、個人のみならず、社会全体の福祉や安定を築く基盤であると言えるだろう。人の行いが世界に影響を与えるこの法則を理解し、日々の生活において実践することが、真の安寧への道であると心得るべきである。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
人の生を受くるは難く、死すべき者の生命あるも有難し。正法を耳にするは難く、諸佛の出現も有難し。
人間一生で何を得るかは、何を懸けるかにかかっている
悪口を以て僧を呵責(かしゃく)し、毀呰(きし)することなかれ。悪人不当なりと云うとも、左右なく悪くみ毀(そし)ることなかれ。
心頭を滅却すれば火もまた涼し
心を百度に熱するときは、一気に沸騰させよ
人間いつかは終わりがくる 前進しながら終わるのだ
止観の明静なること、前代には未だ聞かず。
風色(ふうしき)見難しと雖(いえど)も、葉を見て方を得ん。心色見えずと雖も、しかも情を見れば知り易し。
長者の万灯より貪者の一灯
第一に、自己こそを適切なところで確たるものとするように。然(しか)して、他者を教示するように。賢者は、汚されないもの。
無用の用
親の夜歩き子の看経(かんきん)
また菩薩の身肉手足及び妻子を施して、無上道を求むるを見る。また菩薩の頭目身体を欣楽施与(ごんぎょうせよ)して、仏の智慧を求むるを見る。
袖すり合うも他生の縁
牛にひかれて善光寺詣り
有為転変の世の習い
自ら光り輝いてこそ周りを照らすことができる
三人寄れば文珠の知恵
苦がその人を鍛えあげる 磨きあげる 本ものにする
天上天下唯我独尊