蓮花

毎日の仏の名言

智者に二あり。一は諸悪を造らず、二は作り已(おわっ)て懺悔(さんげ)す。愚者亦二あり。一は罪を作り、二は覆蔵(ふくぞう)す。

 

意訳

智者に二つあって、悪事をしない人と、悪をなしても懺悔できる人である。一方、愚か者にも二つあって、罪人は言うに及ばず、罪を隠ぺいする人である。覆というのは隠すことであり、自己弁護すること。

出典

『涅槃経』

解説

『大般涅槃経』。釈尊の最後の旅からはじまって、入滅に至る経過、荼毘(だび)と起塔について叙述する。

AI禅師

仏教において、智慧を持つ者と、愚か者の間には明確な区別がある。智慧を持つ者には二つの特徴がある。第一に、悪行を一切避けることができる人物である。彼らは持戒を守り、悪に手を染めることを避ける。第二に、もし過ちを犯してしまった場合には、自らの行為を深く反省し、誠実に懺悔することができる人物である。これにより、心の浄化を図ることができ、再び正しい道へと戻ることができる。

一方、愚か者にも二つの特徴がある。第一に、悪行を平然と行う人物である。彼らは、道徳の規範を無視し、他人に害を及ぼすことを厭わない。第二に、自らの罪を隠そうとする人物である。彼らは、自分の過ちを認めず、他人に知られることを避けるために、それを隠蔽しようとする。これは自己弁護の一環でもあり、真実から逃れ、自己の行為を正当化しようとする行為である。

この智慧と愚かの対比は、『大般涅槃経』に述べられている内容から理解することができる。釈尊の最後の旅から入滅、その後の荼毘や起塔の過程を記述するこの経典には、仏教の根本的な教えが凝縮されている。釈尊の教えには、私たちがどのように生きるべきか、悪を避け、もし過ちを犯した時には誠実にその過ちを認め、自己浄化を図ることが説かれている。

この教えを心に刻み、日々の生活において実践することが、真の智慧を得る道であり、愚かさから抜け出す一歩となるのである。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
莫妄想
善悪は地獄極楽
苦しみ、悲しみがなければ人生の花を咲かせられない
金の光は阿弥陀ほど
馬の耳に念仏
かなしみはわたしたちを美しくする花
九年面壁
意馬心猿
何事も因縁
無所得を以(もっ)て方便(ほうべん)と無し、無上(むじょう)第一義(だいいちぎ)の為に金剛(こんごう)不懷(ふえ)不退(ふたい)の心願(しんがん)を発(ほっ)す。
一切皆苦
眠りえぬものに夜は長く、疲れたる者に五里の路はながし。正法を知ることのなき愚かなる者に、生死の輪廻は長し。
人間で大事なのは心であり、言葉はその心の生の声
弘法も筆の誤り
朝女朝坊主
三人寄れば文珠の知恵
餓鬼の目に水見えず
毎日毎日、命懸けで修行して、十年単位でもってようやく一歩成長する
放てば手にみてり
牛にひかれて善光寺詣り