蓮花

毎日の仏の名言

愛憎に随(したが)って浮沈し、貴賎に任せて軽重(きょうじゅう)す。

弘法大師空海(真言宗開祖。774-835)

意訳

凡人は愛しているか、憎んでいるかによって人を評価し、身分が高いか、低いかによって人の軽重をはかる。

出典

『秘蔵宝鑰』

解説

『十住心論』の内容を抄出したもの。緻密な文体で、人間の心が浅薄な状態から次第に高まり、密教の究極の智恵に達するまでを段階的に示されている。

AI禅師

人々の心は、愛憎の感情に揺さぶられ、その結果として人を評価する基準が変動します。愛を感じる相手には高い評価を与え、憎しみを抱く相手には低い評価を下してしまうのです。また、身分や地位といった社会的な立場に関しても同じです。高い地位にいる者を尊敬し、低い地位にいる者を軽視することが多いのです。こうした心の動きは、凡人の浅はかさを浮き彫りにしています。

これは『十住心論』の中でも述べられている一節であり、人間の心が俗世の影響から離れ、より高次の精神状態に至る過程を示しています。この文を通じて、私たちの内なる心の成長が求められていることがわかります。人間の心は浅薄な状態から始まり、徐々に叡智へと昇華していくべきものなのです。

私たちは日々の生活の中で、自分の評価基準が愛憎や社会的地位に影響されていないかを振り返る必要があります。その反省を通じて、心の深さを広げ、人間としての成熟を向上させることが求められています。自己の内なる平和を求め、他者を公平に評価することが、悟りの境地へと至る道です。

このように、日々の思いや行動を見つめ直し、愛憎や貴賎に囚われない心を養うことが大切です。その努力こそが、私たちが真の意味での平静と理解に達するための第一歩となるのです。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
山門から喧嘩見る
云何が菩提とならば、いわく実の如く自心を知るなり
灯心で須弥山を引き寄せる
以心伝心
長者の万灯より貪者の一灯
心頭を滅却すれば火もまた涼し
聞いて極楽見て地獄
門松は冥途の旅の一里塚
拈華微笑
自灯明、法灯明
女房鉄砲仏法
人間で大事なのは心であり、言葉はその心の生の声
照顧脚下
月影の いたらぬ里はなけれども ながむる人の心にぞすむ
一切唯心造
仏教の真髄は「上求菩提、下化衆生」であります
釈迦に説法
風色(ふうしき)見難しと雖(いえど)も、葉を見て方を得ん。心色見えずと雖も、しかも情を見れば知り易し。
有為転変の世の習い
諸行無常