蓮花

毎日の仏の名言

また菩薩の身肉手足及び妻子を施して、無上道を求むるを見る。また菩薩の頭目身体を欣楽施与(ごんぎょうせよ)して、仏の智慧を求むるを見る。

 

意訳

自ら利益(りえき)を得る自利(じり)と他人を利益(りやく)することが利他(りた)であり、この両者をもって満足させることが大乗菩薩の理想の姿である。布施とは物だけでなく、真理や安心を与えることも含まれる。この文では譬喩(ひゆ)として、「ある人々は自分の身や肉、手足、及び妻子を施してでも無上のさとりを求め、ある人々は自分の頭や目さえも与え」と、見返りを求めない究極の布施が説かれている。

出典

『妙法蓮華経』序品第一

解説

鳩摩羅什(くまらじゅう)が漢訳した『妙法蓮華経』(406年)。「最高の教え(法華)、白蓮華のような正しい教えを説いた経典」という意味があり、生あるものはすべて成仏できると説くところに、『法華経』が「諸経の王」と呼ばれる由縁がある。

AI禅師

仏教の教えにおいて、菩薩(ぼさつ)の行いは自らと他者の利益を追求することであり、その究極の姿は他者の幸せのために自己を犠牲にすることにある。ここで述べられているように、ある菩薩たちは自分の身体の一部や、さらに家族さえも布施の対象として捧げる覚悟を持ちながら、悟りへの道を求めて進んでいる。この行為は一切の見返りを求めることなく、無条件の慈悲と無上の知恵を追い求める姿勢を象徴しているのである。

『妙法蓮華経』においては、この究極の布施の精神が強調されている。この経典は、全ての生きとし生けるものが仏陀の覚りに到達できると説き、その深い教えを広めることを目指している。このために、経典は「諸経の王」と敬称され、その内容が非常に深遠であると考えられている。悟りとは、我々の日常の狭い枠を超えて、他者の苦しみも理解し、共に救いの道を歩むことにあるという理念が込められている。

ここでいう布施とは、物質的なものだけでなく、精神的な真理や平安を与えることも含まれている。たとえ身の一部や大切な家族を供養することが犠牲に感じるとしても、それ以上に深い理解と慈悲を持って教えを広める意志が尊重される。その姿はまさに、大乗菩薩の理想的な姿であり、他者のために己を捧げることで無限の幸福と覚りを具現化するのである。このようにして、菩薩は自己の利益だけでなく、他者の利益をも追求することで、真の悟りを目指して進んでいるのである。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
善悪は地獄極楽
月影の いたらぬ里はなけれども ながむる人の心にぞすむ
寺から出れば坊主
心頭を滅却すれば火もまた涼し
根深ければ、枝しげし、源遠ければ、流れながし。
止観の明静なること、前代には未だ聞かず。
泥中の蓮
灯心で須弥山を引き寄せる
また菩薩の身肉手足及び妻子を施して、無上道を求むるを見る。また菩薩の頭目身体を欣楽施与(ごんぎょうせよ)して、仏の智慧を求むるを見る。
朝女朝坊主
夫(そ)れ仏法を学せん法は、かならずまず時をならうべし。
諸法無我
親の夜歩き子の看経(かんきん)
若(も)し人散乱の心にて、塔廟(とうびょう)の中に入りて、一たび南無仏と称(とな)えれば、皆すでに仏道を成(じょう)ず。
地獄で仏
上求菩提、下化衆生
萎(ふく)れたる花びらを捨て落とすバツシカ花の如く、比丘たちよ、かくの如く貪(むさぼ)りと怒りとを振り捨てよ。
莫妄想
悪口を以て僧を呵責(かしゃく)し、毀呰(きし)することなかれ。悪人不当なりと云うとも、左右なく悪くみ毀(そし)ることなかれ。
智者に二あり。一は諸悪を造らず、二は作り已(おわっ)て懺悔(さんげ)す。愚者亦二あり。一は罪を作り、二は覆蔵(ふくぞう)す。