蓮花

毎日の仏の名言

風色(ふうしき)見難しと雖(いえど)も、葉を見て方を得ん。心色見えずと雖も、しかも情を見れば知り易し。

伝教大師最澄(天台宗宗祖。767-822)

意訳

風の形は見えないけれど、葉の動きを見ていれば、風の吹く方向を知ることができる。心の形は見えないけれど、その人の心の動きを見れば知ることができる。

出典

『顕戒論』

解説

伝教大師が53歳の時、南都仏教の小乗戒に対して、真俗一貫の大乗菩薩戒こそが真に国を護り、人々を幸せにする「戒」であるとの思いから、比叡山における大乗戒壇院の建設を宣言した大書で、日本天台宗成立の基礎となった。

AI禅師

風や心の姿というものは目に見えず、形を捉えることが難しい。しかし、風が木々の葉を揺らす様子から、風の存在を感じ取ることができるように、心の動きもまた、その変化を通じて表に現れてくるものです。このことを理解するには、日常生活の中で他者と接する際に、その人の言葉や行動を注意深く観察することが重要です。

たとえば、怒りや喜びといった感情は、その人の言動や表情に現れるものであり、無言のコミュニケーションにおいても、感じ取られることがあるのです。ですから、ただ表面的な言葉にとどまるのではなく、内面の動きに目を向け、深く理解する努力が必要となります。

この教えは、仏教における戒律の意義を理解する上でも役立ちます。かつて伝教大師が提唱した大乗菩薩戒は、単なる形式的な戒律を超えて、真の慈悲と理解を追求するものであり、人々の心を守り、国を支える力となるものでした。その理念に基づき、彼は比叡山に大乗戒壇院の設立を決意しました。

彼の功績は、ただ形式的な戒律の枠を超え、心からの理解と共感を重視し、人々の幸福を目指すものでありました。その意味で、風や心の動きを観察することは、深い人間理解と共感の道を開く鍵となるのです。伝教大師の教えは、私たちが日々の生活において他者とどう向き合うべきかを示していると言えましょう。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
色観音に取持地蔵間男薬師
出る息入る息を待たず
何事も因縁
世間種々の法、すべてみな幻のごとし、もしよくかくのごとく知らば、その心動くことなし。
意馬心猿
妄語(いつわり)を離れ、常に言(ことば)を真実にし、語を諦(あきら)かにして夢にだも妄語(もうご)せざれ。
悪口を以て僧を呵責(かしゃく)し、毀呰(きし)することなかれ。悪人不当なりと云うとも、左右なく悪くみ毀(そし)ることなかれ。
人間いつかは終わりがくる 前進しながら終わるのだ
我れ未だ六根相似(ろっこんそうじ)の位(くらい)を得(え)ざるより以還(このかた)出假(しゅっけ)せじ。
私が死ぬ今日の日はわたしが被土でする説法の第一日です
泥中の蓮
放てば手にみてり
莫妄想
仏作って魂入れず
一切の悪をなさず、善を成就す。これは、覚者たちの教えである。
心の師となれ、心を師とせざれ
自ら光り輝いてこそ周りを照らすことができる
色即是空
炎は空に昇り、水は降りざまに流る。菓子の中に酸きあり、甘きあり。これらは皆、法爾(ほうに)の道理なり。
仏教の真髄は「上求菩提、下化衆生」であります