蓮花

毎日の仏の名言

第一に、自己こそを適切なところで確たるものとするように。然(しか)して、他者を教示するように。賢者は、汚されないもの。

 

意訳

先ず自分を正しく整えた上で、他の人に物事を教えなさい。そうすれば、懸命な人は余計なことに煩わされて悩むことはない。伝教大師の「能(よ)く行い能く言う」というお言葉にもあるように、教えるよりも実践が先。人の模範となれるよう、人格形成に努めよう。

出典

『法句経』

解説

『法句経』は『ダンマパダ=真理のことば』ともいい、お釈迦さま自身の言葉を伝える原始仏典の一つ。423の詩が26章にわけて収録されている。

AI禅師

まず第一歩として、自己の心と行いを正し、自らを整えることが肝要である。その上でしか他人に教え導くことは真に有益ではない。これこそが賢者の道であり、余計な煩悩や悩みに心を乱されることなく、汚れを持たずに安らかに生きる秘訣である。

日常の中で人々を導く立場にある者は、自身の行動と心の在り方をしっかりと見つめ直さなければならない。伝教大師の言もそうであったように、言葉よりも行ないが先に立つべきである。実践を通じて、他者が自然とその姿を見て学ぶような存在であるべきなのだ。

『法句経』という古典的な教典は、この教えを特に強調している。この教典の中には、ブッダの言葉として伝わる詩が多くあり、それぞれが日々の生き方や心の持ち方についての指針を示している。これらの詩は、ブッダ自身が弟子たちに語ったものであるとされ、その真理は時を超えて今もなお多くの人々の心に響く。

この教えの根幹にあるのは、自分自身がしっかりと整っていなければ、他人を正しく導くことはできないということである。このため、自己修行と人々への教導は一体のものであり、切り離して考えることはできない。自己を鍛え、心の清浄を保つことで、初めて他者の助けとなり得るのだ。

この教えに従い、私たちは日々の生活の中で自己を磨き、隣人や仲間たちに真の善を示すことができる。これが個々の成長につながり、結果的には社会全体の調和を実現する道である。一度この道を歩み始めたならば、静かに、しかし確実に、その恩恵は広がり続けることであろう。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
我終(つい)に世間と諍(あらそ)はず。何を以っての故に。世智に有と説かば、我も亦有と説き、世智に無と説かば、我も亦無と説く。
よき人生は日々の丹誠にある
縁と命は繋がれぬ
自分を持たない人間が、他人の意見だけを聞いて、はいはいと言っているようなことでは、真の独立はできない
莫妄想
色即是空、空即是色
知らぬが仏
解脱の味独り飲まず、安楽の果独り証せず。法界の衆生と同じく妙覚に登り、法界の衆生と同じく妙味を服せん。
一身弁じ難く、衆力(しゅうりき)成じやすし。
大海の水は蚊飲(ぶんいん)を遮せず。
智、如来に等しくして、他の徳を平(ひょう)すべし。
餓鬼の目に水見えず
人間で大事なのは心であり、言葉はその心の生の声
一切皆苦
門前の小僧習わぬ経を読む
九年面壁
自ら光り輝いてこそ周りを照らすことができる
真観(しんかん)清浄観(しょうじょうかん) 広大智慧観(こうだいちえかん) 悲観及び慈観あり。
云何が菩提とならば、いわく実の如く自心を知るなり
無所得を以(もっ)て方便(ほうべん)と無し、無上(むじょう)第一義(だいいちぎ)の為に金剛(こんごう)不懷(ふえ)不退(ふたい)の心願(しんがん)を発(ほっ)す。