蓮花

毎日の仏の名言

人の悪きことはよくよく見ゆるなり。我が身の悪きことは覚えざるものなり。我が身に知られて悪きことあらば、よくよく悪ければこそ身にしられ候(そうろう)と思いて心中をあらたむべし。

蓮如上人(1415-1499)

意訳

他人の悪いところは、よく分かるものである。しかし、自分の悪いところは自覚できないものだ。自分でも悪いと思うようなことであれば、余程悪いからこそ自覚出来たのだと思って、自分を改めなさい。

出典

『蓮如上人御一代記聞書』

解説

蓮如上人の死後に弟子たちが上人の言行録を写し継いだ書物。蓮如上人は室町時代に活躍した浄土真宗中興の祖。異宗や他派に押されていた浄土真宗本願寺を中興し、現在の礎を築いた。

AI禅師

他者の行動や態度の欠点は、なお一層鮮明に目に映るものである。しかし、自身の行動や心の欠点には驚くほど鈍感であることが多い。己が過ちに気づいた時、それはよほど重大なものであると心に留め、その上で内観し、自らの心と行動を改める必要がある。自らの誤りに気づける機会は、内省のための貴重な一時であると言えよう。他人の過ちを見て批判や非難に走るのではなく、まず己の内面を見つめ直し、自己修養に努めるべきである。

これは、かつての浄土真宗の名僧、蓮如上人の教えに基づく言葉である。彼は室町時代に、衰退していた真宗を再興し、現在の基盤を築いた人物として知られる。弟子たちが蓮如上人の言行を記録し、それを後世に伝えることで、多くの人々にその種々の教議が伝えられた。

この教えに深く耳を傾けることで、私たちは他者を通じて自らの欠点を理解し、己の心を磨く契機を得ることが出来る。それは、自己をより善い方向へと導くための道しるべとなる。日々の生活においても、他人の行動や言葉に注意を払いつつ、その背後に隠れた己の問題点を見つめ直すことが大切である。蓮如上人の教えは、内外の調和と真摯な自己改良を促進するものである。この教えを心に刻み、自己発展を目指しながら生活を営むことで、より良い社会を築いていくことができる。

Show More

<任意の二十名言> ↓↓
妄語(いつわり)を離れ、常に言(ことば)を真実にし、語を諦(あきら)かにして夢にだも妄語(もうご)せざれ。
法を見るものは縁起を見る、縁起を見るものは法を見る
道心の中に衣食(えじき)あり。衣食の中に道心なし。
袖すり合うも他生の縁
弘法も筆の誤り
天上天下唯我独尊
牛にひかれて善光寺詣り
聞いて極楽見て地獄
心頭を滅却すれば火もまた涼し
苦の因を知りて、苦の果を畏(おそ)れざるを、釈尊は闡提(せんだい)と遮(しゃ)したまい、人身(にんしん)を得て、徒(いたずら)に善業(ぜんごう)を作さざるを、聖経(しょうぎょう)には空手(くうしゅ)と嘖(せ)め給えり。
苦がその人を鍛えあげる 磨きあげる 本ものにする
私が死ぬ今日の日はわたしが被土でする説法の第一日です
朝女朝坊主
会うは別れの始め
寺の隣に鬼がすむ
若(も)し人散乱の心にて、塔廟(とうびょう)の中に入りて、一たび南無仏と称(とな)えれば、皆すでに仏道を成(じょう)ず。
真観(しんかん)清浄観(しょうじょうかん) 広大智慧観(こうだいちえかん) 悲観及び慈観あり。
かなしみはわたしたちを美しくする花
大いなるかな心(しん)や。天の高きは極むべからざるなり。しかるに心(しん)は天の上に出ず。地の厚きは測るべからざるなり。しかるに心(しん)は地の下に出ず。
得がたくして移りやすきは、それ人身(にんしん)なり。発(おこ)しがたくして忘れやすきは、これ善心なり。